妊産婦の治療

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

年齢を重ねるにつれ生活の中に変化が現れてきます。
特に女性のお子さんを見ごもり守り育てる時期=妊娠時期は、多くの不安を持っておられると思います。
当院では、まずご相談を受け、患者さまのご体調や既往症、そのほかの体質条件をうかがい、治療を進めます。
妊婦さんは治療してもらえない…ということはありません。
産まれてくるお子様のためにも、一度ご来院いただくことをおすすめします。

妊娠中の歯科治療

妊娠期は女性ホルモンの影響にむし歯をはじめ、口腔内のトラブルを起こしやすい時期です。
それぞれの時期に合った治療・そしれ注意点をお伝えします。

妊娠初期(1ヶ月~4ヶ月)
妊娠初期は切迫流産が起こりやすい時期です。治療は応急処置程度にした方が安心です。
また、つわりが出るのもこの時期です。歯ブラシを口に入れるのさえ辛いと言う方もいらっしゃいます。
そのまま歯磨きをしない期間を増やすのは危ないので、ご相談にお越しください。
応急処置の治療をおこない、安定期に入ってから本格的な治療は致します。

妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)
安定期のこの時期はほとんどの歯科治療が行えます。
しっかり治療を行い出産に備えましょう。
また安定期だからと言って、必ずしも体調が良いことはないと思います。
治療中に体調・気分が悪くなった時は遠慮なく申し出てください。

妊娠後期(9ヶ月~)
臨月に入ると急にお産で治療を中断することもあります。
妊娠前、もしくは安定期の間に治療を終えられるようにしましょう。
その為早めの受診をおすすめします。

 

歯周病が出産に及ぼす影響

妊娠中は出来る限り、お口の中を清潔に保つことを心がけましょう。
つわりの影響で歯磨きが十分にできないために、歯周病や歯肉炎の症状を悪化させることがあります。歯周病は早産や低体重児を出産する確率が高くなると報告もありますので、日頃からの予防が大切です。

出産後は母子感染に注意しましょう

むし歯や歯周病は「感染」する病気で、感染経路で最も多いとされるのが親から子への感染です。近年では、周知され、口をつける行為を控える等、気をつけていらっしゃる方も増えてきました。生まれたての赤ちゃんはむし歯菌に感染しておらず、様々な外からの要因によって感染していきます。特に注意していただきたいのが、ママが赤ちゃんに食事を与える時、噛んで柔らかくしたり、自分が使っている箸やスプーンで食べさせたり、といった行為によって感染してしまうことを母子感染には気をつけてください。

少しでも不安がある方はご相談ください。

医院情報

 診療時間
9:00~12:00
14:00~18:30

休診日:木・日・祝日
※午前は11:30までの受付です。

TEL 0566-24-1010

〒448-0804 愛知県刈谷市半城土町乙本郷113

Facebookお問い合わせ石川歯科医院通信