一般歯科・予防歯科

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

虫歯治療【出来る限り痛みの少ない】

虫歯の治療は、なるべく早期に発見治療することが一番大切です。

極力削らない虫歯治療を心掛けております。
歯の質は遺伝と思っていたり、虫歯になりやすい原因を歯が弱いから仕方ないと考えるのは間違いです。
虫歯は虫歯菌(ミュータンス菌)による感染症です。唾液を介して感染します。
ミュータンス菌は食べかすをえさにどんどん数を増やし、歯の表面にくっつきます。これがプラークです。
そして、プラーク中のミュータンス菌は食べかすの糖から、歯にへばりつくためのねばねばした物質と、歯を溶かすための酸を作ります。
よって虫歯予防には、プラークコントロールが必要なのです。

最近では、セラミクッス製のつめ物がたくさん出て、金属のものより人気です。
種類によっては、保険適応のものもあります。
セラミックベニアなど、上から貼って審美性と耐久性をあげる治療方法もあります。
虫歯の治療と、その後の詰め物・被せ物の説明、アフターケアを併せてご案内しています。

詰め物・被せ物についてはこちら>>

根管治療

虫歯の進行により歯の神経まで侵されてしまった場合、ご自分の歯をできるだけ残すことを考えた根管治療を行います。
神経をきれいに取り除きお薬をつめる治療です。根管内は細く複雑な構造をしており、根管内を無菌化できなければ症状が再発してしまう可能性が高いため歯科治療の中でも難易度の高い治療と言われています。

予防歯科

毎日のセルフケア+定期的なプロのサポート(PMTC)
=常にいい状態の『歯』

当院では、定期的なお掃除が最高の予防だと考えています。

未然に防ぐプロの技術

  • 奥歯(臼歯)のかみ合わせの溝をシーラントで塞ぐ
  • 専用の機械で口腔内のクリーン化
  • フッ化物を塗布する

虫歯や歯周病にかかるリスクを減らすことはご自身への思いやりです。

当院の予防歯科プログラム

虫歯や歯周病の発症や重症化を抑える文字通り『予防』の医学です。
虫歯予防は、フッ素の塗布、歯垢の除去などが一般的です。
歯周病は、同じく歯石の除去、歯ぐきのチェック、正しいブラッシングの指導で、
ご自身での日頃のケアと定期的なプロフェッショナルによるケアが重要です。

特に、ブラッシングは、いまさら…大の大人がと思われるかもしれません。
でも、ちょっとしたブラシの当て方で、虫歯、歯周病の予防や口臭が予防できますし、
きれいな口元が保てます。何より痛い思いをしなくて済みます。

スケーリング

手用器具(ハンドスケーラー)や、器械洗浄(超音波スケーラー)を使い、歯と歯の間や、歯と歯肉の隙間の歯石を除去します。保険適応です。

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略です。
特殊な器具を使用し、歯の表面を覆うバイオフィルムを除去します。

フッ素塗布

フッ化物を塗ることで、強い歯質を作り虫歯を予防します。また、ごく初期の虫歯であれば治癒することもあります。乳歯や生え始めの永久歯には特に効果的で、お子様にお勧めしています。

ブラッシング指導

ブラッシングは毎日の習慣です。間違った磨き方を無意識に続けてもプラークコントロールは難しいものです。正しいブラッシングを習得して頂くことは、より完璧な予防になります。また、染め出し液を使用してどこに磨き残しがあるか見て、磨き方の癖なども理解して頂いています。

予防歯科を行うために、定期検診は大切です!!

治療のためとは言え、歯は一度削るとカリエス(虫歯などの)リスクが極端に高くなり、削れば削るほどそれは増加します。
完全に治ったからと定期的な健診(メンテナンス)を怠ると、繰り返し治療の悪循環に陥ることもあります。結果的には大切な自分の歯を失うことになります。

個人差にもよりますが虫歯の場合は3~6ヶ月間隔に一度、歯周病の場合は1~6ヶ月間隔で歯科医院でのプロケアをお勧めします。

【大切】毎日の正しいブラッシング

しかし歯と歯の間や、歯と歯肉の隙間の汚れはブラッシングでは落とすことができません。
また歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる強固な細菌の膜に覆われています。このバイオフィルムは通常のブラッシングでは70~80%程度しか落とすことができないと言われています。

歯周病の怖さをご理解ください。

50代の9割が歯周病です。
そんな!と思われるかもしれません。残念なことに事実です。
お口の中の環境が加齢とともに悪くなり、プラークがたまりやすく取れにくくなります。

あなたもチェック!

  • 前より歯が長くなったと感じる
  • 歯ぐきに締まりがなく、腫れぼったい
  • 食後、爪楊枝でツツクと気持ちが良い
  • 硬いせんべいをかみ砕く勇気がない
  • 歯磨きをすると血が混じる
  • 年のせいか、口臭が気になる
  • 最後に歯科病院に行った日が思い出せない
  • 歯ぐきの色が、赤(または紫)が強い
  • 口を開けて寝ていることがある。

Q 歯周病を悪くするものは?

歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケット。
この中の歯石や歯垢に含まれる細菌が原因で歯周病を悪くします。
歯石を取ることは、歯周病の予防と治療にとても重要です。

Q 歯石ってなんですか?

磨き残しの歯垢(プラークと呼ばれています)が硬くなったものです。一般的な歯みがきでは取れません。

Q 糖尿病の合併症ってほんとですか?

糖尿病の第六の合併症と言われているのが、歯周病です。

重度の糖尿病になると、サイトカインという物質が、インスリンの活性を干渉(邪魔)をして、血糖値のコントロールが不十分になると言われています。
その為、歯周病は糖尿病を進行させる原因になるのです。また、糖尿病があると歯周病の治りが悪くなると言われています。
★現在、糖尿病の因子がある方も要注意です。

Q 心臓病の要因にもなるの?

歯周病の病巣は、菌の塊りです。ここから毒素が出て血管を通じて全身に送られます。とりわけ心臓はその影響を大きく受け、心筋梗塞などの要因になるとの研究発表がされています。

Q その他に誤嚥性肺炎や脳梗塞の要因や、女性の方は低体重児出産や早産の要因って本当?

本当です。お子様からお年寄りまで、歯周病は全身疾患との関わりが深い病気ですので、ちょっとした症状を軽い気持ちを放置するのはぜひ、控えてください。

訪問歯科

噛み合わせを治したら認知症のステージがよくなった。
これは施設の看護師さんなどから実際にいただいた言葉です。
「食べられる」ことは「生きる」ことに密接に関わっており、歯が健康になれば、全身の健康にもつながっていきます。
虫歯や歯周病などの治療、口腔衛生の管理も行っております。

通院が困難な方、ご家族を連れていくことが困難な方はお気軽にお電話ください。

医院情報

 診療時間
9:00~12:00
14:00~18:30

休診日:木・日・祝日
※午前は11:30までの受付です。

TEL 0566-24-1010

〒448-0804 愛知県刈谷市半城土町乙本郷113

Facebookお問い合わせ石川歯科医院通信